ギターの話

ケーブルのプラグの話

小型のボードや頻繁に抜き差しするプラグは
時折クリーナーで磨いてやると
接点不良など起きないので良いですね

ナーオーはCAJのクリーナーを使ってます。

CAJクリーナー

DIYの大型店などに売ってる接点復活材なども
良いですね。

クロスに適量とって拭いてやると
音が良くなった気がします

実際良くなると思いますよ

大型ボードなどにしっかり組み込んでしまうと
抜き差ししない分大丈夫だと思いますが、
たまにはやりたくなりますね。

大量のシールド抜いて拭くのは大変ですけどね

ナーオーより(๑˃̵ᴗ˂̵)

ミュートという技術…の巻。

ギターでもベースでも
意外に難しいのがこのミュート
 
消音ですな。
 
余分な音を鳴らさない技術☝️
 
ミュートはいろんな手法がありますが
ナーオーは比較的に手が小さいので
あまり親指に頼れません
 
だから中指さんが常に頑張ってくれます。
もちろんフレーズによっては親指さんも
協力してくれますが…
 
最近単音カッティングをやりたいよ〜
という生徒さんがいて、
悩みは、全弦ブラッシングでミュートが上手くいかなくて余分な音がしてしまう…とのこと
 
…で、
もちろんミュートするテクニックとして
弾く音以外の余弦を消音するのですが
 
その前にギターの弦高を確認して欲しいのです。
 
ナーオーのIbanezのメインのギターは、ドロップD仕様で…
 
6弦側1.8mm 1弦側1.2~3mmでセッティングしています。
 
これは標準より低めになってますが
ネックがフラットで、メンテナンスをマメにしてるので弦つまりもなく最終フレットまでキレイに弾けます。
 
弦高が低い分、軽く触る様に弾けるんですね。
 
もう一本のibanezはレギュラーチューニングですが、弦高などは同じセッティングにしてあります。
 
でカッティングをメインで弾く時は、
弦高を6弦側2.8mm. 1弦側2.5mmくらいまで上げます。
 
ナーオーのベッドルームギターはKrammerが置いてあるのですが、特に意味は無いですが弦高を少し上げてあります。
 
だから単音カッティングなどは非常にやり易いんですね
 
例えば、安いギターで調整が甘く、
弦高がむっちゃ高いもので弾くと、弦が指に当たって音が自然とミュートしちゃいますよね
 
あの感じを弾きやすい位置まで調整する感じです
 
さて…
ナーオー式のミュートですが、
中指で軽く触れて全弦ミュートしておいて、人差し指で押さえると中指で軽くミュートしてる弦よりも下がるという作戦で音が出るように工夫してます。
 
人差し指も若干倒し気味に弾いて、ミュートのお手伝いをします。
 
中指よりもブリッジ側の指は難なく弾けると思います。
ギターミュート
ただ、
個人差があるので、一概にこれが正解とは言えないのですよ。
 
実際、生徒さんはナーオーより手が大きいので
ナーオーのやり方だと難しく、指の関節の場所や角度から、位置をずらして鳴る場所を特定して慣らしてもらってます。
 
まぁ何をやるにも根気と努力ですな。
 
ちなみにナーオーは、ベースでスラップする時も中指をミュートに使ってます。
 
まぁ癖みたいなものでしょうか。
 
慣れれば都です
 
上手く弾けるようになると
弦高をあまり上げなくてもある程度は出来るようになると思います。
 
しかし、
演るジャンルによって、ギターの方も積極的にセッティングを変えてやると良いですね
 
参考になれば…
 
ナーオーより(๑>◡<๑)

デジタルとアナログ混在時に起因するノイズを抑える

これは久々にナーオー驚きました。

このエフェクターボードは
ナーオーのハードロック、ヘビメタバージョンで
かなり重宝しているのですが、

コンパクトに収めるため、モジュレーションや
空間系はZOOMのマルチストンプに任せています。

パワーサプライはMOSKYのものでトータル1Aと大きくて、さらに1系統だけ9V500mAが出せるのに手のひらにおさまるコンパクトで便利なサプライです❣️

しかし、アイソレートされてないので、
アナログとデジタルで共有した時のノイズがでていました。

↓動画はこちら↓
https://www.facebook.com/studio.enjo/videos/1778560308895059/

大きな音で演奏すると、
演奏中は気になりませんが、ボリュームを絞るとかなり目立つ音がします。

…で見つけたのが、EX-pro のDC noise filterなるもの❣️

これをパワーサプライの9V500mAの出口からマルチストンプの間に挟んだら見事にノイズが抑えられました。

もう、ほとんど分からないくらいまで抑えられます

大きなボードを組む場合は最初からアイソレートされたパワーサプライを入れれば良いですが、
コンパクトにすると選択肢がかなり限られてきます。

その中でこのノイズフィルターは本当に助かります

たしかにこれだけのために¥3,000弱は高い気もしますが
ナーオーにとっては、金額に変えられない価値があります

全ての機器に効果があるかどうかは分かりませんが、
お悩みの方は是非トライしてみると良いかもしれませんね

ナーオーのボードからJC120につないで
ノイズフィルターがどのくらい効いてるかの検証動画を上げておきます。

ちなみに、treble bass middleは目盛5
ボリュームも目盛り5❣️
普段ライブでも出さないくらいの音量で録画しました。

前半のボッボッ…という周期的に入っているのが
デジタルとアナログ混在に起因するノイズです。
後半の動画にはほとんど分からないくらいになっていると思います

もし興味があれば、スタジオで声をかけて下さいね〜

では明日土曜日は、臨時休業で、
月曜日は臨時営業(笑)しますのでよろしくお願いします。

ナーオーより(๑˃̵ᴗ˂̵)

【ル・エリソン弾き語りライブのお知らせ】

5月6日(日)15:00~
カフェRosa薔薇館 天白区荒池1-1311
にて
ル・エリソンさんの弾き語りライブがあります。
無料(ドリンク☕️代は必要です)

杉藤万里子さんのシルクスクリーン展も
同時開催。

素敵な薔薇🌹の館で
お茶をしながら素敵なひと時は如何ですか?

お時間のある方は是非☺️☺️☺️

ナーオーより(๑˃̵ᴗ˂̵)

le

ピックアップ調整の話

RG
写真は現在ナーオーがメインで使っている
IbanezのJ.custom RGシリーズのギターです。

実はナーオーは、中学生の時に初めて買ったのが、TOKAIのストラトモデルでしたが、
その後、レスポールに変えてから、つい最近のフライングVまで好みのハムのマイクしか使ってきませんでした。

このギターは音もデザインも機能も気に入ってますが、(これの下位機種prestigeのほぼ一緒の仕様もレギュラーチューニングで使用中)センターのシングルピックアップは使わなかったので一番下まで下げていました。

先日ナーオーのバンドの曲でFunkカッティング系の曲を作った時、どうしてもハムだとニュアンスが出なくて、センターのシングルコイルをつかうことにしました。

高さ調整していったら、今まで使わなかったのが申し訳ないくらい良い音が飛び出しました☺️

で…
高さの調整の話にようやく入るわけですが、
マジで高さの調整次第で良くも悪くもなります。

時間かけてちゃんと調整すると、無駄なエフェクターを外せるくらいです。

低音側のブービーにならない程度の高さと、
高温側の音の芯があり、サスティーンを殺さないギリギリの高さ。

これは地道に何度も上げ下げしてアンプの出音を聴いて調整してください。

アンプはなんでも良いですが、直につないでクリーン設定で少し大きめの音量で調整しましょう。

あまり弦にピックアップを近づけすぎると、音量はあがりますが、弦が磁力の影響を受けて引っ張られ振動を止めてしまい、結果サスティーンがなくなってしまいます。

何度も聴きながら合わせていくと自分のお気に入りの高さにすることができます。
本当に音が変わるのでよくわかると思います。

もちろんギターの種類やピックアップの種類で変わってくるので、何mmに設定すると良いというのは無いですが、ナーオーの経験からいくと高音側が少し高くなるはずです。

一度見直してみると、エフェクターを変えるのと同じくらいの効果が期待できる…かもしれませんよ

実は今日、Bスタジオのエアコンの入れ替えで
早めにスタジオに入ったので、長文ですがお役に立てる情報になれば…と思い書きました。

でわ

なーおーより(๑˃̵ᴗ˂̵)

********
GW営業します。
※4/30(月)定休日、5/5(土)10:00-16:00営業(前日までの予約のみ)
********

定番アンプの使い方 WS 開催しました

本日はスタジオエンジョー主催のワークショップ

「定番アンプの使い方&音作り」

にお越しくださりありがとうございました。

ワークショップの様子をアップしました^_^

初回から、参加くださったみなさまが

とても熱心に聴いてくださったのがとても嬉しいです。

次回はいつ?との嬉しい声も頂けたので、

近日中にまた予定を立てたいと考えてます。

ナーオーより(๑˃̵ᴗ˂̵)

周波数の話

音叉
会員さんの中で
周波数の話が出てたんです。
442hzは良いらしい…とか
あえてピッチを変えているのか?それとも…なっちゃったのか?…とか
面白い議論をされてるなぁ…と思って聞いてました。
ギターの場合ですが、
たしかに440Hzより442Hzにすると
明るいイメージに変わります。
逆に438Hzにすると、暗くは無いですが
落ち着いた音になります。
倍音が関係してるのでしょうか?
意外とこの2Hzの差は大きく音のイメージに
影響してきます。
444Hzとかは癒しの効果があり。。。ともいわれています。
真偽は分かりませんが…
いずれにせよ
バンドの基準ピッチを変えてみると
意外と面白い結果が出る場合もあります。
是非お試しあれ(#^.^#)
但し、同じメーカーの同じチューナーで
各パートが合わせることをオススメします。
メーカーにより精度が違う場合があります。
ちなみにナーオーは弦の張替え時には音叉でA音(440Hz)を合わせます。
全弦自分の耳でチューニングしてから
最後にチューナーでチェックします。
ナーオーより(๑˃̵ᴗ˂̵)

【アンプの使い方 ワークショップのお知らせ】

いつもスタジオエンジョーをご利用頂き
まことにまことにありがとうございます(*^^*)

3月10日土曜日13:00~15:00
【第一回、スタジオエンジョー・ワークショップ〜アンプの使い方編】
を開催致します。

スタジオにある
JC-120
JC-90
Marshall JCM900
などの使い方や、
エフェクターとの上手な組合せ方など。
実際に音出しをしながら解説します。

参加される方もご自身のギター、エフェクターを持ち込んで頂き、疑問点などがあれば分析し、
解決していきたいと思います。

また写真にあるナーオーの
Marshall 1987X + 1960BX
Rocktron Velocity100+エフェクターボードも
展示致します。

【参加費】
¥1,500となります。
定員は5名。
お申込みは、スタジオエンジョー Tel 052-883-6222またはstudioenjo@gmail.comまでご連絡下さい。
参加する方々にしっかりと触ってもらって、
実際に音出しもして頂きたいので少数とはなりますが、定員になり次第締め切りとさせて頂きます。

今後、Fender twin Reverb や
エフェクターボードの作成方法
PCで曲を作ってYoutubeへアップする方法など
いろんなワークショップを行います。

乞うご期待‼️

F6CF2CB0-F83E-4484-BDA2-33D125CE0587

ワークショップ、アンプの使い方

ワークショップ、アンプの使い方

弦の張替えのワンポイント!

エレキでもアコギでもガットギターでも
どんなブリッジのギターにもあてはまります。
弦に変なブレを作らせないための秘訣です。
弦の張り替え
ナーオーは20歳の頃にリペアマンから教わって以来ずーっとやってます。
弦のボールエンドを片手で持って、
もう片方の指で弦を下に2、3回なぞってやると
弦のクセがとれます。
ただこれだけ╰(*´︶`*)╯♡
弦の張り替え2
弦は最初丸く巻いて入っているので、そのまま張ってしまうとよじれが出てしまう可能性があります。
これを上記の簡単な処理をして張るだけで
チューニングの安定度が変わります。
また弦が切れるのも防げます。
ナーオーは本番で弦が切れたことは一度もありません(*^^*)
是非お試しあれ。
ナーオーより(๑˃̵ᴗ˂̵)

オクターブ調整-ナーオーのギターのメンテナンス(๑˃̵ᴗ˂̵)

オクターブ調整中の写真です。

tuner

このチューナーはチューニングが合うと
“ピッ”と音で教えてくれます。
これが気持ち良いんですヾ(๑╹◡╹)ノ”

オクターブ調整は
12フレットのハーモニクスと実音をそれぞれ鳴らして
合っているかどうかを確認します。
合っていればOK(o^^o)

ハーモニクスと実音が違っている場合、
ブリッジのコマを動かして合わせこみます。

ちゃんと調整してやると
音程が安定して気持ちよく弾くことが出来ます。

一度合わせたら余程狂うものではないですが、
弦高や弦のゲージを変えたりしたら
必ず調整すると良いですね。

ナーオーより(๑˃̵ᴗ˂̵)