ドラムの話

【ドラムのチューニングのはなし2】

今回はドラムチューニングの話。
現在自分のスネアはC音になっています。ちなみにスタジオENJOのCstのドラムは
ハイタムがB音、ロータムがG音
フロアータムがD音
バスドラは基本E音にセッティングしています。
貸出用のスネアに関しては
皆さんがそれぞれのピッチにすると思うので、
基本C音に戻してますが、変わってしまいます(^_^)
さて、
昨日面白い話を聴きました。
ドラマーのポンタさんがスネアのチューニング中に
ピアノプレーヤーにC音を要求して合わせていたそうです(@_@)
すごいですね。

やはりどの楽器もチューニングがあっていないと
上達はしないと確信しています。

ドラムに関しては叩き方など色々ありますが、
結局は自分がどういう音でどう叩きたいか…であって
こうしなきゃいけない…つうもんは無いと感じてます。
もちろん基本的なことはありますが、
間違いはあっても正解が無い…
楽器はみんな共通してますね。

上達の一番の近道は
自分がこうなりたい…というミュージシャンを目指す事だと
思います。
そのミュージシャンのクセも受け入れながら
ある程度上達したら
そこから自分のプラスアルファを足していけば
個性が出てくるのでは無いでしょうか…

今日は皆さんの良く知ってるこの曲!

ナーオーより(・Д・)ノ

 

【レッスン無料体験実施中ですよ〜のはなし】

おかげさまで、

レッスンを受けていただける方も増えてきまして…
とても嬉しいです。

みんなが巧く弾けるようになっているのが
自分の励みにもなります。

昨日も無料体験レッスンを受けていただきましたが、
ピッキングを少し直しただけで出音が変わりました。
本人も驚いていましたが、
ただ直ぐに治るわけでもなく
ほっておくと5分も経たずに戻ってしまいます。

まぁそんなに簡単には矯正は出来ないので
ジックリ取り組むことになります。

右手が良くなると、
今度は左指の動きが気になるようになります。
ここはみんな同じなので
右手のレスポンスに合わせるように
指がバタつかないトレーニングに入ります。

肝心なのは音なんですね。
昨日も本人の好きな音の傾向性を聞いて
その場で音を作り、
気持ち良く弾ける出音に納得してもらってからレッスンに入ります。

好きな出音でないとヤル気にならんすわね〜

ギターレッスン風景

 

*†*:;;;:*†*:;;;:*†生徒さんの声公開中!†*:;;;:*†*:;;;:*†

 

—>ギターだけでなく、ドラムも無料体験レッスンやってます^^


ナーオーより(・ω・)ノ

【CstにDVD置いといたよ〜のはなし】

自分がやってみないと分かんない事って
多いよね〜

ギターやベースは家で観ながら出来るけど
ドラムはきついよね(笑)

最近は、
自分も密閉型ヘッドホンをこのテレビからとって
合わせて叩いてます。

んで

Cstのドラム脇にモニターとDVDを常設にしました。

ドラム練習DVD


ただそれだけ〜(*^^*)

ナーオーより(・ω・)ノ