Archives for admin

2/24臨時休業のお知らせ

いつも当スタジオをご利用いただきありがとうございます。

申し訳ありませんが、2/24土曜は、当スタジオ主催イベントのため、スタジオ営業はお休みさせていただきます。

ご不便をおかけしますが、よろしくおねがいします。

2/25日曜は、通常通り営業します。

尚、イベントは今池BL CAFEで行なっております。

当日入場できますので、よろしければ、遊びに来てください。

【アンプの使い方 ワークショップのお知らせ】

いつもスタジオエンジョーをご利用頂き
まことにまことにありがとうございます(*^^*)

3月10日土曜日13:00~15:00
【第一回、スタジオエンジョー・ワークショップ〜アンプの使い方編】
を開催致します。

スタジオにある
JC-120
JC-90
Marshall JCM900
などの使い方や、
エフェクターとの上手な組合せ方など。
実際に音出しをしながら解説します。

参加される方もご自身のギター、エフェクターを持ち込んで頂き、疑問点などがあれば分析し、
解決していきたいと思います。

また写真にあるナーオーの
Marshall 1987X + 1960BX
Rocktron Velocity100+エフェクターボードも
展示致します。

【参加費】
¥1,500となります。
定員は5名。
お申込みは、スタジオエンジョー Tel 052-883-6222またはstudioenjo@gmail.comまでご連絡下さい。
参加する方々にしっかりと触ってもらって、
実際に音出しもして頂きたいので少数とはなりますが、定員になり次第締め切りとさせて頂きます。

今後、Fender twin Reverb や
エフェクターボードの作成方法
PCで曲を作ってYoutubeへアップする方法など
いろんなワークショップを行います。

乞うご期待‼️

F6CF2CB0-F83E-4484-BDA2-33D125CE0587

ワークショップ、アンプの使い方

ワークショップ、アンプの使い方

弦の張替えのワンポイント!

エレキでもアコギでもガットギターでも
どんなブリッジのギターにもあてはまります。
弦に変なブレを作らせないための秘訣です。
弦の張り替え
ナーオーは20歳の頃にリペアマンから教わって以来ずーっとやってます。
弦のボールエンドを片手で持って、
もう片方の指で弦を下に2、3回なぞってやると
弦のクセがとれます。
ただこれだけ╰(*´︶`*)╯♡
弦の張り替え2
弦は最初丸く巻いて入っているので、そのまま張ってしまうとよじれが出てしまう可能性があります。
これを上記の簡単な処理をして張るだけで
チューニングの安定度が変わります。
また弦が切れるのも防げます。
ナーオーは本番で弦が切れたことは一度もありません(*^^*)
是非お試しあれ。
ナーオーより(๑˃̵ᴗ˂̵)

オクターブ調整-ナーオーのギターのメンテナンス(๑˃̵ᴗ˂̵)

オクターブ調整中の写真です。

tuner

このチューナーはチューニングが合うと
“ピッ”と音で教えてくれます。
これが気持ち良いんですヾ(๑╹◡╹)ノ”

オクターブ調整は
12フレットのハーモニクスと実音をそれぞれ鳴らして
合っているかどうかを確認します。
合っていればOK(o^^o)

ハーモニクスと実音が違っている場合、
ブリッジのコマを動かして合わせこみます。

ちゃんと調整してやると
音程が安定して気持ちよく弾くことが出来ます。

一度合わせたら余程狂うものではないですが、
弦高や弦のゲージを変えたりしたら
必ず調整すると良いですね。

ナーオーより(๑˃̵ᴗ˂̵)

パワーサプライについて…の巻。

スタジオにお越しの会員さんより質問があったので、ナーオーが分かる範囲で回答します。

まず、CAJの定番サプライ
これは上限消費電力は450mAになります。

acdc

ここで、ザックリとコンパクトエフェクターの消費電力について記します。

アナログの歪み系は高くても20mA程度
普通は5mAとかそのくらいです。

デジタルになると少し消費電力を使います。
モジュレーション系で、30mAくらい
空間系で50mAくらいでしょうか

ただし、多機能系コンパクトはかなり電力を消費します。
例えば、ナーオーも使ってるstrymon TIMELINEとかは300mAです。
最近でもよく見かけるZOOMのコンパクトマルチはおよそ350mAくらいです。

さて、ここでデジタル系についてくるアダプターの消費電流をみて欲しいのですが、
ZOOMのアダプターは500mAとなっています。
というのも、デジタル系は電源を入れる時に一番電力を消費します。
通常使用時は350mAでも、電源を入れた瞬間にグッと上がります。
なので、この手のエフェクターはタップを使っ

てアダプターからとった方が安心です。

今一度、お使いのサプライが、エフェクターの全消費電流を足してみて、容量を満たしているかどうかの確認をしてみて下さい。

またデジタル特有の電源ノイズがあり
デジタル系とアナログ系を一緒のパワーサプライから電源をとるとアナログのエフェクターに思わぬノイズをひろうことになります。

デジタル系とアナログ系を一緒に使う場合は
アイソレートされた、一個ずつの出し口が独立したサプライを使うことをオススメします。
最近ではいろいろ出てきてますので、ショップに相談するといいですね。

写真でのせたバイタルオーディオのものはアイソレートされているサプライの一例です。

vital
…がナーオーは使ったことは無いので
良いかどうかは分かりません。
電源周りは、出音もさることながら、機器の損傷や、更には安全性にも影響があるので
十分注意して選択して下さい。

ちなみにナーオーは
Free the toneのサプライを2つ使っています。

free
このサプライはかなり安心して使えるものでおススメではあります。

さて話はこんころりんと変わりますが♪(´ε` )

桜山の愛曲楽器さんでかなりお値打ちなセールをやっています。
ナーオーもスタジオ用にギタースタンドや譜面台などを購入しました。

ギタースタンドはお一人様一点で税込¥100です(๑˃̵ᴗ˂̵)
譜面台も¥500でした。
その他にも沢山のお値打ち商品がありましたよ。
お時間があれば覗いてみると良いかも…

ナーオーより٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

生徒からのプレゼント♪

今日は嬉しい事がありました(o^^o)
小学一年生の生徒から貝殻のプレゼント🎁

先生にあげる〜〜って

こういうの一番嬉しいですね(๑˃̵ᴗ˂̵)

shell

ギターの録音の話〜

キャビネットから音を収音する時
直接録る時は4つのスピーカーをそれぞれ聴いて(録音して)
良いと思うスピーカーを狙いましょう。

同じスピーカーでも個体差があり
出音が結構違います。

ナーオーは1960BXを使っていますが、
録音の時は左下。
でもPAで拾ってもらう時は
左上が抜けが良いのでそこを狙ってもらいます。

キャビネットからの出音ポジションをかえるだけで
エフェクターボードからいらないエフェクターが
外せるかもしれませんよ〜(^^)

ナーオーより(・ω・)ノ

——————————————
発行者:スタジオエンジョー(名古屋)
▼ギター、ドラム無料体験レッスン実施中!
http://studio-enjo.com
初心者向けギター教則本(kindle)
Copyright(c)’17 STUDIO ENJO
All rights reserved.

 

George Lsという大変便利なパッチシールド〜〜♫

今更ではありますが…
やはりこの取り回しがよく、ハンダ要らずで作成できる
George Ls。

georgeLs

ナーオーは既に2年程使ってますが
とにかく素晴らしいケーブルです。

ハンダが使えないわけではないので、
普通のシールドとジャック買ってくれば作れます…

だから、特にハンダが入らないから…という理由ではなく、
細いシールドが故にボードでの取り回しが良く
綺麗に出来あがるし、音が素直。

これは画期的です。

しかも作ったケーブル
今のところ2年以上経って不具合無し♪( ´▽`)

作るのも簡単だし、
ボードをスッキリさせると出音も変わりますよ(*^^*)

ナーオーより(・ω・)ノ

——————————————
発行者:スタジオエンジョー(名古屋)
▼ギター、ドラム無料体験レッスン実施中!
http://studio-enjo.com
初心者向けギター教則本(kindle)
Copyright(c)’17 STUDIO ENJO
All rights reserved.

 

メトロノームの是非…について。

boss db90

結論から言うと
メトロノームを使ったエクササイズは必ず効果があります(*^^*)

ただし条件もあります。

練習する時は常に誰かが聴いてる事を意識する。
つまりいい加減に弾かない。

入れられるスピードの時は倍にして
裏打を感じながら弾く。

頭の中で針でつつくような点をイメージして
テンポに合わせる。

など…

ナーオーの師からは
メトロノームに合わせることが出来てあえて崩すのは感性。
ただ外れてるのは、ただの下手くそf^_^;

と若い頃叩きこまれました。

グルーブは自然発生。
ちょっとしたリズムの前後の揺れが気持ち良いグルーブをうみます。

ずれてるのは…ただずれてるだけ。

練習あるのみっす♪( ´▽`)

ナーオーより(・ω・)ノ

——————————————
発行者:スタジオエンジョー(名古屋)
▼ギター、ドラム無料体験レッスン実施中!
http://studio-enjo.com
初心者向けギター教則本(kindle)
Copyright(c)’17 STUDIO ENJO
All rights reserved.

弦の交換時期について…

一本でも切れたら総て交換しますが…
ブリッジやナットにバリが無い限り、
切れる事は少ないですので、1ヶ月に一度程度でしょうか。

でもライブの前は必ず3日前に交換する事にしています。

たまに弦が錆びかかったまま弾いてる方を見受けますが
チューニングもあわないし、
それ以上にフレットが削れたり、ダメージが大きく出ます。

フレットの擦り合わせや打ち直しはそれなりにお金もかかりますし、音にも影響が出ます。
最小限にとどめたいですね。

ナーオーは必ず練習後は
ボディーを拭いて、弦は別のクロスにフィンガーイーズをかけて
一本ずつ拭きます。

なので以外と弦の持ちも良いですね。

うちのレッスンの生徒さんにも
ギタークロスを二枚用意してもらい
一枚はボディー、一枚は弦を拭いたり指板にオイルを塗ったり
するようにしてもらっています。

普段からきっちりギターと向き合っていると
何か異変があったとき気づきやすいので
リペアも軽傷ですみますよ(^^)

あとはブリッジはゴミがたまりやすいので
エアーでこまめにとばしましょう。

ナットはコピー用紙を使って溝に沿ってこすります。
以外と黒くなりますよ。

FV

ナーオーより(・ω・)ノ

——————————————
発行者:スタジオエンジョー(名古屋)
▼ギター、ドラム無料体験レッスン実施中!
http://studio-enjo.com
初心者向けギター教則本(kindle)
Copyright(c)’17 STUDIO ENJO
All rights reserved.